ながもとまいとNuuのいた道


by まいぽん

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

メモ(ひとりごと)

b0206858_18254678.jpg


先日私が、脱衣所で 永遠に一人でなにかを誰かと会話をしていたのを、見られてしまい、
その瞬間鶴の恩返しの鶴の気持ちが少しわかりました。

よく 街で「あの人何を一人でぶつぶつしゃべっているんだろう」とか、でっかい声で意味もわからず吠えている人を見たことはありませんか?

形は違えど私も似たような感じなんだと思います。私は「吠族」です。いやそんな正々堂々とはしていないから「隠れ吠族」です。

*******************************************************

人に聞いても人から聞いても自分で体感しない限り
「なんで?」「どうして?」は解決されず 人を知るには誰の目でもなく自分自身の目の中にしか答えは映されていないのだから。とおもうけれど、やっぱりぐちゃぐちゃに練りこまれてしまった状態を パッ と 0 に戻してもらえる瞬間が、人の言葉にもあるものなので、そこはちゃんと心にもっておこうとおもう。


人の仕草や癖が大好きだから、表情や言葉よりもまずそれを探してしまう。
それは 、今の環境にたどり着くずっとずっと前からのことで、どれだけ人が気付けない気づかない部分を探すことができて、それを長い時間かけて見つけることによって、自分の中で勝手に「知ってる」という喜びを黙ったまま快感に感じていたのかもしれません。

それは出会ってきた全ての人達に対して。


つい最近、自分の大切なモノや、自分が何をしたいかとか、足りない部分とか、もう足りている部分とか、
客観的に感じることができる瞬間に出くわすことがありました。

その瞬間「空」っぽになったのが自分自身で感じて私はとっても虚しい気持ちになったけれど、
それがまた何分後かにスッキリした気持ちになりました。

ずっと 鎖みたいのが心に絡まっていてそれがやっと全部ほどけた気分になりました。

完璧な人間なんていないのに。

もっと立派になったら 沢山の経験を言葉にすることができたら、もっと耳を傾けてくれるのだろうか?
私はそんなことを次の山猫軒の展示では塗り込めたいと思う。

私にとって絵を描くことは、言葉で表せられない感情を消化することなのかもしれないと、感じています。
笑いとか涙とか悔しさとか怒りとか虚しさとか
手を通じて吸収してもらえるので、この感覚に感謝しています。

あ!!!そう思ったら 呪いの絵とかも描けそうな気がする。
呪いたい人がいないけど描けたら面白いかも!

b0206858_18261061.jpg

[PR]
by thiyea | 2011-07-20 18:49 | 「独り唄」

カテゴリ

全体
「個展:展示:作品:ライペ他」
■NUu = ヌー■NEA = ネア■
普通の日記
「独り唄」
「超自慢(色々)」
「超兄貴姉貴大全集シリーズ」
「超親父外伝」
テンゴク日記(山猫軒)
未分類

最新の記事

久しぶりの日記再会◆ナガモト..
at 2018-06-03 21:45
☆NEWホームページ開設☆
at 2015-09-22 21:25
ブログ再開 8.22☆ 高木..
at 2015-08-22 13:47
川越ソコノワ展示終了 ありが..
at 2014-11-29 00:58
at 川越 ソコノワ ”絵描..
at 2014-10-31 09:34

以前の記事

2018年 06月
2015年 09月
2015年 08月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

その他のジャンル

画像一覧