ながもとまいとNuuのいた道


by まいぽん

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

チロルのこと。

3日前の朝起きて、ご飯を作っている間にびっくり!!!!
なんと私のコンピューターに子ゾンビが『ジャー』と勢いよく水を振りかけているではないですか!!!!


びっくりした私は冷静にコンピューターの画面を見ましたがそこには何も映っていませんでした。

だけどね、人生捨てたもんじゃないですよね。今朝試しに電源つけたら!!!このとうり♪

機械は、だめ絶対。 ときめつけていた私も今日ばっかりは浮かれて、アシスタントをしてくだすっている横内君への晩ご飯に10穀米と鮭のみそ汁と納豆に、おからハンバーグもつけました!

しかし、こうやって書いていても、なんで全部混ぜちゃったんだろう。、自分でもわからない。

そんなことよりこの間はすごく長い文章読んでいただいてありがとうございました。
ツイッタ—で反応してくださったり、電話くださったりメールくださったり。
私、コンピュータ大苦手なんです。
多分コンピューターも私の事があまり好きではないのかなあと思います。
だけどこの間、様々な反応いただいてマッキントッシュ様にありがとうとおもいました。
きっとチロルも喜んでいると思います。

読んでくれた人の中だけでも、少しの間私のチロルが生きていますように。みなさんの心の中にお邪魔しますっ!!!!押忍!!

b0206858_2394278.jpg


『第2章〜3本足になりました』

魔界ハウスナガモトの料理人ことヒサエと
『最後まで面倒を見る』と約束した私は、それから毎日チロルのお世話に励みました。

さぼろうもんなら兄が私を壁に叩き付け胸ぐらを掴み上げ、みぞうちに1発かました後にドスを利かせこう言います。

『チロルの散歩、ちゃぁあんと行けよぅ? ついでに霧の浮船(お兄ちゃんの好きなチョコの銘柄) も買ってこいよう?』
(当時兄は俺様はワルだぜとピスタチオを片手に金髪反抗期でした)

時が経つにつれて最初は拒んでいた家族達も、もうチロルの口の臭さとか関係なしに、チロルを愛していきました。

魔界ハウスナガモトの長、『シンジ』は山へ行く時も海に行く時もスキーに行く時も温泉も全部チロルも一緒に連れて行ってくれました。夏は毛を刈ってくれたり、一時期廃車になった車1台を『冬は寒い』という理由でチロルの家にしてくれていた時期もありました。

料理人ヒサエもドックフードにささみや、私達と変わらないおかずを入れてくれたり、お散歩だってよくいってくれました。

今は亡き祖母だって、毎日吠えまくるチロルに『おまえなんてしんじまえ』と言いながらも昼間、内緒でほねっこやビーフジャーキーをスーパーで買ってきてあげたりとか、みんなにほんとにほんとに可愛がられていました。

凶暴すぎるため、私の足をボンレスハムと間違えて噛みちぎる程凶暴だったけど、

本当に可愛がられていました。

私の当時の友人『わかこちゃん』はチロルと仲良くなりたい♪という一心で毎日毎日ビーフジャーキーをあげにきて、やっと、頭をなで、、た瞬間指を噛みちぎる程凶暴だったけど

本当に本当にかわいかった。

ポストに郵便を投函しにきた人に、おもいっきり噛み付いて流血し、通報されるほど凶暴だったし、
近所でも誰もが知る程凶暴だったし、しかももの凄く嫌われてたけど

ほんとうにかわいかったよ。
(また色んな意味で涙があふれてきます)


ある日、兄が真っ青な顔をして小学校から帰宅した私にローキックをかましました。

『おい!!!!!脂肪さん!(私の呼び名)チロルが!チロルがひかれちゃったよ!』


「????????!!??』

『とにかく急いできて!!!!』


現場へ行くとそこには鼻血をだした白目で虫の息のチロルがいました。

兄はあれだけ綱を離して大道りにでるな!!と言われていたのに
ばっちり、綱は家に置いて完全手ぶらで大道りを練り歩いていました。

もちろんひき逃げ。引いたはずの車はおらず、そこには頭を抱えた兄とグッタリと横たわるチロルの姿と、私は多分オロオロオロオロしていたと思います。

『脂肪さん!!!行くなら今しかない!病院いこう』

当時から両親は共働きで、小さいけど鋼の肉体(当時から健在)を持つ私と、格闘技に目覚め始めた思春期のにきびを気にする兄は、無い頭をフル回転した結果

自転車に、スケボーを紐でくくり付け、その上にプラスチックの衣装ケースをくくりその中にチロルを入れて、兄が自転車をこいで私がケースが落ちないように走りながら衝動を防ぐという感じで病院に向かいました。

スケボーが石に引っかかる度、チロルはケースから落ちる。その繰り返しが30回くらい続いてやっと隣町の病院についた時のことを今でも覚えています。
(どうやって当時お金もない私達が受付を突破したかは覚えていない。今思えばあの動物病院にも感謝しないと)

『ちろるーーーーーぅううう!!!!おぅっっっっううんはあああーー!!!!!』

白目で舌がだらんと出ているチロルに私達、チビデブとブツブツ兄弟は泣き叫びました。
何をしても治らない、時間だけが過ぎていく。と、 突然兄が

『確か鼻が乾くと死んじゃうんだってテレビで見た事がある!!!!』と
はっきりとした声で叫びました。

応答なんてしない。もう私達は一心不乱にベチョベチョになるくらい、自分達の鼻水や涙や唾や汗、とにかくチロルの鼻に塗りだくって塗りだくってぬりだくってぬりだくりまくりした。

でもここで息をしたら奇跡ですよね。映画だとよく有る話。

奇跡が起きたんですよ。現実でもこんなことが起きるんです。

だけど、もう、その日から、チロルは3本足になりました。

*******************************************************************

次で最後になるとおもいます。今回も本当に本当に読んでくださってありがとうございます。
こうやって書く事で少しだけ、少しだけ
(ながーいフランスパンを蟻がヒトかじりした位かな)
報われる気がします。だから、 本当に読んでくださる方ありがとうございます。
あ!!!次は冒頭に嬉しい個展来場者様達とプレゼントの事をかこう。
次の在廊日は26日です!!!!

b0206858_1183475.jpg

[PR]
by thiyea | 2011-02-10 01:23 | 普通の日記

カテゴリ

全体
「個展:展示:作品:ライペ他」
■NUu = ヌー■NEA = ネア■
普通の日記
「独り唄」
「超自慢(色々)」
「超兄貴姉貴大全集シリーズ」
「超親父外伝」
テンゴク日記(山猫軒)
未分類

最新の記事

久しぶりの日記再会◆ナガモト..
at 2018-06-03 21:45
☆NEWホームページ開設☆
at 2015-09-22 21:25
ブログ再開 8.22☆ 高木..
at 2015-08-22 13:47
川越ソコノワ展示終了 ありが..
at 2014-11-29 00:58
at 川越 ソコノワ ”絵描..
at 2014-10-31 09:34

以前の記事

2018年 06月
2015年 09月
2015年 08月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

その他のジャンル

画像一覧